住宅コラム

注文住宅と建売住宅の違いは?そのメリットデメリットを伝授!

投稿日:

結婚を機に、自分の家が欲しいという人が多いですが、注文住宅と建売住宅の違いをいまいちわかっていない人もいます。
今回は注文住宅と建売住宅の違いを簡単に説明をしていきますので参考にしてください。

 

注文住宅と建売住宅の主な違い

細かくいうと違いというのはたくさんありますが、簡単に3つ紹介していきます。
基本的にはこの違いがわかっていれば概ね大丈夫でしょう。

 

注文住宅はオーダーメイドで建売住宅は完成品

大きな違いはこれではないでしょうか。
注文住宅は、自分の思う間取りを実現できるオーダーメイドです。
住宅会社によっては出来る出来ないという部分もありますが、思い描く家を建てることができます。

一方建売住宅は完成している家になるので、自分の思い描く間取りの物件というのは滅多にありません。
どこか妥協する部分が必ずあるといっていいでしょう。

注文住宅は値段がする分、自分の住みやすい家を建てれるのは魅力的です。

 

建売住宅は土地も購入しなければならない

建売住宅というのはもう建っている住宅なので、必ずその土地も購入しなければいけません。
土地を持っている場合や建てたい土地が決まっている場合はその土地を購入して注文住宅で建てるのもいいでしょう。
注文住宅は必ず土地を購入しなければいけないということはないので、逆に購入資金が安くなることもあります。

 

契約の違い

根本的に違うのが契約の種類です。
注文住宅は建てるので請負契約ですが、建売住宅は買うので売買契約です。
これは契約だけの話なので、だからと言ってどうということは特にないといっていいでしょう。

 

注文住宅と建売住宅のメリットとデメリット

注文住宅と建売住宅の違いがわかったところで、次はどのようなメリットとデメリットがあるのかをみてみましょう。

 

購入の時期

建売住宅の場合は完成している家を見て購入できますが、注文住宅の場合は間取りや仕様を決めてから家を建てることになります。

注文住宅の場合は、完成後に「こんなはずじゃなかった」という箇所が出る可能性もありますが、建売住宅の場合は完成しているものを見れます。
実際に見て判断ができるので、住んでから失敗したなんてことが注文住宅よりも少なくなります。
展示場に行き、立派な家を見てこんな家を建てたいと思う人も多くいますが、実際に建てる家は予算の関係でそれほど豪華にできません。
建ててがっかりしないためにも、注文住宅で建てる場合はしっかりと打ち合わせを行い、理想と現実を近づける必要があります。

 

価格面

家を建てる時に気になるのが価格です。
一般的に注文住宅と建売住宅とでは注文住宅の方が高くなります。

個別に設計などを打ち合わせをして進めていくので費用が高くなります。
また、建売住宅は万人受けするように作られていますので、個性があるというわけではなく、それなりの仕様のものが多いです。

しかし、違いでも述べましたが建売住宅は土地も一緒に購入しなければいけません。
注文住宅は既に土地を所有している場合、その土地に建てれるので土地代がかかりません。

建売住宅で検討する場合は金額の内訳をしっかりと確認し、建物と土地がそれぞれいくらぐらいの価格なのかを把握する必要もあります。
わかりにくく表記させれていことも多いので、気になるところは担当者に詳しく聞くようにしてください。

 

設備や仕様、性能のグレード

価格面だけではなく、設備や性能のも必要なことですが、建売住宅の場合は完成したものになるので既に決まっています。

間取りや外観が好みでも、キッチンやトイレが自分の欲しいグレードと違った場合でも変更するのは難しいです。

一方注文住宅は自分の思ったキッチンやトイレ、バスなどを選ぶことができます。
住宅会社によっては標準仕様というものがありますが、お金さえ払えばグレードを上げることができます。

スポンサーリンク

 

注文住宅と建売住宅のどちらを選ぶべきか

メリットとデメリットを踏まえてどちらを選ぶべきなのかをケース別に紹介していきます。

 

土地を既に所有している人

土地を既に持っている人は注文住宅がおすすめです。
建売住宅では土地も購入することになるので、既に持っている土地が使うことができません。
せっかく持っている土地ですので、立地など気に入っているのであれば是非注文住宅で家を建ててください。

 

費用を抑えたい人

費用を抑えたい人には建売住宅がおすすめです。
注文住宅に比べればお手頃な価格のものが多く、ローンなどを組まなくても買える人もいるのが魅力です。

 

家にこだわりや性能のを求める人

家にこだわりや性能を求める人は注文住宅がおすすめです。
建売住宅ではもう完成しているので、自分好みの仕様に変えることはできません。
注文住宅で水回りのグレードや断熱性や気密性などしっかりと打ち合わせをし、自分好みの家を建てましょう。
こだわる人は建売住宅を見ても納得できず、出向くだけ時間の無駄になってしまいます。

 

注文住宅と建売住宅のまとめ

大きく分けると、オーダーメイドか完成品か、土地も購入しなければいけないかどうか、契約の種類が違ってきます。

人それぞれ家に求めることは違いますので自分達にあったものを選びましょう。

注文住宅と建売住宅では根本的にターゲットにしている層が違います。
自分はどんな考えなのかをしっかりと考え判断をしましょう。

 

実際に契約を行う前に、必ず他の住宅会社と比較検討をする事をおすすめします。
各住宅会社によって価格やサービス、保証などが異なりますので、比べる事で自分に合ったところを選択する事が可能です。
その際には、一括見積もりサイトなどを利用すると、余計な時間をかけずに簡単に比べる事ができます。

3分ほどで終わります。
価格交渉のための相見積もりにもなるので、是非活用してください。

 

これは「タウンライフ家づくり」という無料の家づくり支援サイトです。
依頼のやり方などについてはこちらにまとめてあります。
悩んでいるようなら是非参考にしてください。

>>タウンライフ家づくりとは?依頼前に内容をチェック!

-住宅コラム
-,

Copyright© 富山おうち情報ナビ , 2020 All Rights Reserved.