富山で建てれる住宅会社

住友林業の家の特徴や評判とは!?モデルハウスへ行く前に必ずチェック!

更新日:

富山だけではなく全国に展開する住友林業。
きこりんがマスコットでよくCMなどでも目にします。
そんな住友林業についてリサーチしましたので住宅会社選びの参考にしてください。

 

その他の住宅会社も参考の為ご覧ください>>住宅会社一覧

 

会社概要

会社名:住友林業株式会社
設立日:1948年2月20日
本社所在地:東京都千代田区大手町一丁目3番2号(経団連会館)
分類:大手ハウスメーカー
営業エリア:全国
年間着工数:約100棟(富山県内)

 

住友林業の特徴

住友林業の特徴で一番わかりやすいのが「木」へのこだわりです。
国産の檜を使用し、安定した品質で強い柱と土台を作っています。
これを住友林業では「スーパー檜」と呼んでいます。

集成材を構成する板材を十分に乾燥させ、含水率を15%以下に低減ししています。
これにより、収縮変形割れが起きにくく、安定した品質を確保しています。

また、「きづれパネル」という面材を使用し、地震に十分耐えれるような構造になっています。

国産の檜をこだわって使用しているという点は、他の住宅メーカーでも謳っていることですが、住友林業とではこれまで蓄積してきたノウハウなどが違います。
「国産の檜にこだわるなら住友林業」と考えて間違いはないと思います。

 

住友林業の強みやこだわり

特徴とも被る部分になりますが、「木」のイメージを大切にしてます。
住友林業は国内に「自社保有林」を持っているいこことをアピールしていることや、CMも多く流しているのでテレビ等を見ているうちに自然とイメージが刷り込まれています。

逆に、国産の檜を使用しているので「高い」というイメージを持たれているのも現状といえます。

 

住友林業の弱みやデメリット

特徴でも述べた「きづれパネル」ですがこれは耐震強度を上げるためのものです。
これのおかげで「耐震等級3」を取得していますが、他の住宅会社でも耐震等級3は取得できます。
大手ハウスメーカーは各社独自の工法がありますので、耐震性を求める場合「きづれパネル」にこだわる必要はありません。
地元の工務店でも「耐震等級3にしてほしい」といえばそのような設計を行てくれるでしょう。

「きづれパネル」といえば聞こえがいいですが、特段優れたものというわけではありません。

 

住友林業の性能

木にこだわりを持っている住友林業ですが、性能はどのようなものでしょうか。
耐震性は「耐震等級3」を取得しているので問題ありませんが、気密性断熱性を数値として調べました。

 

C値

気密性を表すC値ですが、住友林業の数値は、

C値=5.0

です。
この数値は富山の次世代省エネルギー基準のC値=5.0の数値です。

営業の責任者に聞いても「数値はわからない」とのことでした。
富山県ではないですが、C値を測定した人がいます。
その人の数値だと、

C値=1.6
C値=1.3

といった数値です。
どこの地域かということまでは特定できませんでしたが、C値=2以下という数値のなっています。

しかし、富山での現状はわかりまあせん。
C値=5.0に近いと考えるのが無難です。

 

Q値

断熱性を表すC値ですが、住友林業の数値は、

Q値=1.61

です。
この数値は富山の次世代省エネルギー基準のQ値=2.7を下回っています。
他の住宅会社と比べても比較的いい数値といえます。
ですが、この数値は富山よりも寒いところで建てた場合の数値とのことです。
富山で建てる場合はもっと数値が悪くなるので注意が必要です。

また、大手ですので坪単価は高い傾向にあります。
断熱性で選ぶなら、同等の数値を出しているセキホームなどで検討した方が安く建てることができます。

スポンサーリンク

 

住友林業の坪単価

値段が高いというイメージがある住友林業ですが、実際の坪単価も調べました。
住友林業の坪単価は約76万円です。
これはリサーチした中の平均値となっています。
オプションや施工坪数によって変動しますので参考として捉えてください。

 

値引き

住友林業の坪単価は決して安いとはいえません。
しかし、「値引きをしてもらった」という人の話を聞いていると、平均して総額の4%前後値引きをしてもらっているという結果でした。
中には10%もの値引きをしてもらったという人もいました。

値引き率の多い人の特徴として、相見積もりを取り他の住宅会社と比較をしたというのが挙げられました。
他のページでも述べているように、相見積もりにより値引きを引き出せます。

相見積もりを用意するとメリットがあるだけでデメリットは一切ありません。
是非とも用意し、交渉に備えましょう。

 

住友林業のアフターサービス

住友林業は大手ハウスメーカーです。
大手ハウスメーカーの中でも、建てた後のアフターサービスがよくないと噂される住宅会社もあります。

住友林業では、24時間365日相談できる「住友林業コールセンター」があります。

  • 住宅の補修
  • 設備の補修
  • 建具の不具合
  • 玄関鍵の紛失
  • 増改築の相談
  • 庭造りの相談
  • 土地活用尾相談
  • 知り合いの紹介

などができます。
相談内容に応じ、専門のスタッフが対応してくれるので安心感があります。

また、他の住宅会社同様に定期点検なのもあります。

  1. 3カ月点検
  2. 1年点検
  3. 2年点検
  4. 5年点検
  5. 10年点検
  6. 15年点検
  7. 20年点検
  8. 25年点検
  9. 30年点検

と、30年の保証があります。
将来のメンテナンスコストのことまでしっかりと考えた家づくりが必要となってきます。
住友林業では、アフターメンテナンスのことまで考え「トータルコストの削減につながる」といっています。

 

住友林業の口コミや評判

住友林業について解説してきましたが、実際の口コミ評判も調べました。

木にこだわっているということで住友林業にしました。
設計もしっかり考えてくれたので助かりました。
デザインの提案力も高く、細かいところにも気を配ってくれました。

住友林業で建てました。
思ったより最終的な価格が高くなり、予定通りにいきませんでした。
こだわったところもそれほど多くないです。
大手で建てたからと思っていますが、残念な気持ちにもなります。
アフターサービスの評判がいいのでそれにも期待したいです。

友達が住友林業で家を建てていました。
遊びに行ったときに中を見せてもらい、デザインセンスがいいというのが一番最初に感じたことです。
自分も住友林業で建てましたが、友達の家とは違った味が出せたので営業マンの人には感謝しています。

建てるなら国産の檜を使っているところがいいと思っていたので住友林業に決めていました。
自社の保有林の檜というところで品質などは自信があるそうです。
耐震性にも配慮されているのでいざというときは安心です。

このような口コミや評判がありました。

「木」にこだわっているということで選んだ人が多いように感じます。
提案力がありデザインセンスがいいという書き込みなども多くありました。
しかし、価格はやはり高いというのも多くありました。

 

住友林業のまとめ

住友林業は木にこだわりを持っています。
国産の檜で安定した品質を求める場合にぴったりだと思います。
また、提案力もあるのでデザインセンスがいいと感じる人も多いようです。

気密性は高いとはいえませんが、断熱性の性能は比較的高いです。
しかし、坪単価で考えるとお得とはいえません。
木にそれほどこだわっていないのなら他の住宅会社を検討した方がよさそうです。

坪単価も高く、大手ハウスメーカーといった印象です。
予算が多く取れない場合も他の住宅会社も視野に入れるのをおすすめします。

 

実際に契約を行う前に、必ず他の住宅会社と比較検討をする事をおすすめします。
各住宅会社によって価格やサービス、保証などが異なりますので、比べる事で自分に合ったところを選択する事が可能です。
その際には、一括見積もりサイトなどを利用すると、余計な時間をかけずに簡単に比べる事ができます。

3分ほどで終わります。
価格交渉のための相見積もりにもなるので、是非活用してください。

 

これは「タウンライフ家づくり」という無料の家づくり支援サイトです。
依頼のやり方などについてはこちらにまとめてあります。
悩んでいるようなら是非参考にしてください。

>>タウンライフ家づくりとは?依頼前に内容をチェック!

-富山で建てれる住宅会社
-,

Copyright© 富山おうち情報ナビ , 2020 All Rights Reserved.